性病は悪臭等の症状があり治療にユナシンが効果的

性病は保菌者との性交渉で感染します。もし女性が菌に感染すると二週間から三週間で症状が出はじめます。まずはおりものの色や質に異変が出始めます。具体的には悪臭、ヨーグルトやチーズ状である、色が黄緑や白い、泡状である等です。また、排尿時の痛みや性器周辺のかゆみ、豆粒程のしこりができる事も特徴の一つです。次は全身の症状です。発熱や寝汗、倦怠感、筋肉痛といった風邪に似た症状を伴う事があります。各症状には病気や個人差がありますが異変を感じたり不快な症状が一週間以上続くようならば病院を受診して下さい。性病の治療には抗生物質を使用します。病名や患者の体質によって用いる薬は様々ですが、ユナシンが良く使われます。ユナシンはペニシリン系の抗生物質でスルタミシリントシル塩酸水和物という成分を含んでいます。この薬はグラム陽性菌とグラム陰性菌が原因の細菌感染症に効果的です。具体的には大腸菌、ぶどう球菌、性病の原因なら淋菌や梅毒です。ユナシンを経口で服用する場合、錠剤や小児用の顆粒タイプがあります。一方、病院で注射を打ってもらう事もできます。尚、ユナシンは病院で処方される以外にもインターネットで購入する事ができます。また、海外から個人輸入する人たちもいます。もし、自力で調達するならば安全なサイトから購入し用法、用量を守って下さい。また、個人輸入は一定の量を超えると違法になる場合があるので注意して下さい。しかし、薬は病院で処方してもらうのが一番です。ユナシンは有効な薬ですが他の薬剤と同様に副作用があります。例えば下痢や体のだるさ、手足のしびれや吐き気が出ることもあります。服薬後に不調が表れたら使用を中止して医師に相談して下さい。

ページの先頭へ戻る