家族性性病と治療にかかる料金

性病のジャンルに入っているけれど、性行為だけで感染しない病気もあることを知っておきましょう。子供の性器に異常を見つけて病院に連れて行くと、性病と診断されたことでびっくりする人もいます。性行為以外でも性病に感染することがあり、その感染源は家族であることも多いです。家族性感染で性病になる人もいます。

特徴的な病名は尖圭コンジローマ、性器ヘルペス、そしてカンジダは有名な家族性による感染です。尖圭コンジローマは原虫が原因で感染しタオルなどを共用することで移る可能性があります。同様にヘルペスも同じであり、ウイルスによって感染します。ヘルペスは口にできることもあり、その場合は感染した人のペットボトルやお皿やフォークなどで感染することもあります。カンジダは感染するというよりも、自身が持っているカビの一種の真菌によって感染することがあります。どれも性行為でも感染しますし、なくても移ることがある厄介な病気です。

発症した場合は治療をしなければなりませんが、性病は発症がしにくい病気です。また小さい子供であれば、なかなか自身で発症したことを伝えきれないこともあります。物心がついたときの子供であれば、それはなおさらであり、我慢していることもあります。治療すれば容易に治すことができますので、やはりここは教育が必要です。物心がついた時から、性器に対する教育をしっかりすることで治療を円滑に進めることが可能です。

発症していれば料金は保険診療内できます。ただ性病の検査となると、保険診療外になることから、自宅で行うことができる検査キットを使うのもよいでしょう。料金は病院とそれほど変わらず、自宅でできて、自分で結果を知ることができるシステムです。

ページの先頭へ戻る