トイレで出血が確認できた時には性病を疑う

トイレで出血を確認した時には、すぐに性病を疑ったほうが良いです。特に、女性の場合は性病に感染すると性器から出血する可能性が高くなりますのですぐにでも病院に行って抗生物質を処方してもらわなくてはいけません。
基本的に、初期段階の性病に関してはどのような病気であってもそれほど怖いものではありません。確かに、エイズのように例外的なものは存在しますが、性病は早期に発見できればそれを治療するための治療方法が確立されているのです。一方で、性病に感染してそれを長期に放置していると取り返しの付かない事態にもなりかねません。特に、梅毒などの感染力の強い病気に関しては放置することで死に至る可能性もありますので、出血などが確認できた時には早めの対策が必要になります。
一般的に、性病感染で最も多い感染経路は性器でその次が口の中です。オーラルセックスをすると感染が拡大すると一般的に解釈されていますが、それはウイルスが性器だけではなく口の中にも存在しているからにほかなりません。性器同士を接触させなかったからといって性病にならないわけではなく、むしろ口の中だけで行った場合にはウイルスに感染した可能性すらわからない場合がありますので注意が必要です。
性器の中でウイルスが繁殖すると、それによって性器の機能が正常に働かなくなってしまいます。生理不順は当然のこととして、性器の中の膜が傷つけられて出血が多くなることもあります。これは感染力の強いクラミジアなどは特にその傾向が強く、性器がこすれるだけで強烈な痛みを伴うことになりますので治療が必要になります。性病は進み過ぎると治療が難しくなってしまいますので、放置しないように注意をしましょう。

ページの先頭へ戻る